「このままで終わるわけには、いかない」・・・そう思いませんか?

生命保険代理店を開業して生きて行く方法

もし、あなたが望むなら・・・
うだつの上がらないサラリーマンが生命保険代理店を開業して、 あくせくしない、ゆったりとした生活と、雇われない、ストレスの無い毎日と、趣味や家族と過ごす自由な時間と、お金の心配の無い豊かな人生を手に入れた具体的な方法をあなたにお教えする事が出来るのですが・・・

From : JALIC生保起業塾
  塾長:津守 良彦

もし、あなたが・・・

  • 職場の人間関係、上司とのしがらみに、もう、ウンザリしている。
  • 安月給のサラリーマンは辞めて、早く独立開業したい。
  • でも家族を路頭に迷わせる訳にはいかない。
  • まずは副業で、堅実に、月に20万円〜30万円稼げるようになりたい。
  • しかも、ネットビジネスのような、ほんの一瞬だけの不安定な収入では嫌だ。
  • 何よりも、自分の人生を賭けるだけの価値のある仕事を手に入れたい。

という状態なら、この手紙は重要です。
今すぐ、この手紙を最後までじっくりと読んで下さい。

なぜなら、あなたの不安を解消して、あなたの夢を叶える鍵が、この手紙を読む事によって手に入るからです。

もし、今、どうしてもお時間がない場合には、この手紙をお気に入りに登録して、後でじっくり 読み直して下さい。

えっ?保険代理店だって?そりゃ、大変だよ・・・
大変な割には儲からないよ!競走厳しいからね〜!

そんな事をしたり顔でささやく人が、あなたの周りにいるかもしれません。

しかし、現実を知らない人が何を言っても、気にする必要はありません。

損保ではありません。生保です。

まずは、そこを誤解しないで下さい。

一般の方は「保険代理店」と聞くと「損害保険代理店」をイメージするようです。ですが、私がこれからお話しするのは「生命保険代理店」で成功するための方法なのです。

特別な人脈も無く、営業力も無く、学歴も無く、努力家でもない、ごく普通のサラリーマンが、生命保険代理店を開業して、豊かな生活を手に入れるための具体的な方法なのです。

教材制作者ごあいさつ

はじめまして。

私は津守と申します。

保険代理店を開業して、8年目になります。

以前は普通のサラリーマンをしておりましたが、リストラされたのをキッカケに、保険業の世界に入りました。

特別、これといった能力があるわけでもない私が、これまでどうにかやって来れたのですから、保険代理店の経営というのは、世間で思われているほど難しいものではありません。

私は保険代理店を経営するようになって、サラリーマン時代を大きく上回る収入と、自由な時間を手にする事が出来ました。

これから少しだけ、私の日常の生活の話しをさせて下さい。

私は開業当時は自宅を事務所にして始めました。だから通勤時間はゼロでした。

最近、自宅の近所に来店型保険ショップを出しましたが、歩いても行ける距離なので、いずれにしても、朝はとてもゆったりしています。

もっとも、最近は年のせいか朝はゆっくり寝ていられなくなり(笑)、早起きして犬の散歩に出掛けます。

散歩から帰ったら、妻が入れてくれたコーヒーを飲み、トーストを食べながら、朝刊をめくります。

ただ、その時にも携帯は肌身離さず持っています。顧客からの急な連絡に対応出来るようにするためです。そこは普通のサラリーマンとは違うところでしょう。

しかし生命保険代理店の良いところは、損害保険代理店のように、「交通事故」の保全業務が無いことです。顧客から連絡が来るとしても、こちらから迅速に対応しなければならない業務はほとんどありません。

それから、自分の仕事部屋に行き、メールをチェックして、今日のアポイントを確認し、資料を揃えて、準備します。

私は地域密着型の戦略をとっているので、ほとんどのお客さんは近場です。

出掛けても、昼には家に帰ってきて、妻と昼食をとる事がほとんどです。

午後は特にアポイントがなければ、スポーツクラブに行ったり、ゴルフの打ちっぱなしに行ったり、読書をしたり、自由に時間を過ごします。

夜には、クライアントさんと打合せが入る事が結構ありますので、よく渋谷に出掛けます。

打合せの予定が無い時は、サウナに行ったりして、夜は早めに寝るようにしてます。

自営業者は体が資本ですから、やはり健康管理には気をつけているのです。

私は代理店を開業して、8年目になりますので、もう新規顧客を頑張って開拓する事はやっていません。  今までのお客さんからの紹介客だけを対象に、手紙を書いたり、電話をしたり、その位です。

こんな毎日ですが、月の収入は7桁をキープしています。

あまりあくせくしなくなって、かえって収入は上がりました。

ところで、誤解の無いように申し上げますが私は決して大金持ちでも、年収数億円のスーパースターでもありません。

保険代理店の経営では億万長者にはなれないと思います。だから、「3ヵ月で500万稼げる」とか、「ほったらかしで、寝てても年収1億円」だとか、そんなネットビジネス界の華やかなキャッチコピーを本気で信じて憧れている人には、保険代理店の経営は向かないでしょう。

残念ですが、すぐにこのページを閉じていただいた方が良いです。あなたは、そのような軽率な方ではないと私は信じていますが・・・。 。

保険代理店の経営で手に入るのは、このようなささやかな成功でしかありません。
  • 仕事にあくせくせずに、自由な時間を楽しむことが出来ます。

    人によって価値観が違いますから、どう思われるかわかりませんが、私は自分の自由な時間と、家族と過ごす時間をとても大切にしています。
    通勤時間は徒歩10分ですから、満員電車の苦痛を味わう事はありません。
    専属のスタッフを雇っていないので、給料の心配をする必要もありません。

  • 欲しいものが買えます。

    私も家内も、あまり贅沢な方ではないので、ほとんど無駄遣いはしません。
    ですが、もし欲しいものがあれば、それほど悩まずに買います。
    例えば「車を買い替える」ときには、「予算」で選ぶのではなく、「欲しい車」を買います。

  • 家族でいつでも好きなところへ旅行に行けます。


    平日に休む事が出来るので、ハワイなどの海外リゾートに安く行けます。
    逆に、お盆や年末年始には旅行はしません。
    そのため、ずいぶん長いこと帰省ラッシュには遭ったことがありません。
    ディズニーランドに行くのも、当然、平日です。

  • 自分で年収を決定できます。

    ほとんど経費がかからないので、売上の9割は利益です。
    ですから、あまり売上が上がり過ぎると、法人化したり、スタッフを雇ったり、いろいろ面倒な事をしなければなりません。
    現に、私の親しい同業者の中には、会社組織にして、秘書を雇って、年収5000万円くらい稼いでいる人もいます。
    私はずっと個人事業でしたが、現在は、事情があって法人化しています。
    個人事業でしたら所得税が累進課税なので、無理に年収を上げても意味が無いです。
    あまり年収を上げると、会社組織にして、会社から給与を貰うかたちにしないと、税金が大変です。
    先ほどは、生保代理店では億万長者になれないと言いましたが、実は、年収2,000〜3,000万円位なら、それほど難しくはないのです。
    ただ、それをあなたが望むかどうかなのです。

  • 家が欲しければ買えます。

    保険代理店の代理店手数料というのは、とても安定しています。
    もちろん、サラリーマンほど安定しているわけではありませんが、訳のわからない仕事と違って、銀行ローンを組むのは比較的楽です。
    私はサラリーマン時代に買った家がありますので、そのローンを毎月返済しています。
    住宅ローンくらい、いつでも一括繰上げ返済出来るのですが、ローン支払額の一定割合は、確定申告で必要経費に計上出来るので、あえてそのままローンを毎月支払ってます。

  • 最高の休日が手に入ります。


    夏はキャンピングカーを借りて、リゾート地で過ごすことも出来ます。
    携帯さえ、つながる所にいれば、まずは大丈夫です。
    緊急の対応は、保険会社に任せる事も出来ますので、お客さんに迷惑をかける事はありません。
    キャンプ場で満天の夜空を眺めながら、気の合った仲間たちとワイングラスを傾ける、そんな休日が手に入ります。

いかがでしょうか?

この程度の質素な成功ですが、これで私は充分に幸せです。
何といっても、「自由と安定」が心地よいのです。
「物質的な豊かさ」と、「精神的な豊かさ」と言い換えても良いかもしれません。

「物質的な豊かさ」に関しては、人それぞれ感じ方が違いますので、一概には言えませんが、
私は今くらいの年収で、特に不自由を感じることはありません。

もちろん3,000万円以上の年収を稼いでいる同業者も大勢居ますので、あなたが望むなら、それは充分に可能な数字です。

それに対し、「精神的な豊かさ」は、サラリーマンの比ではありません。
  • 嫌な上司はいません。
  • 定年もありませ。
  • 同期の昇進と比べられる事もありません。
  • 学歴も家柄も関係ありません。
  • 転勤の心配もありません。
  • 異動の心配もありません。
  • リストラの心配もありません。
  • 子会社への出向も転籍もありません。
  • わがままな部下もいません。
  • 嫌な取引相手なら、こちらから断れます。
  • サービス残業もありません。
  • 自営業者に「過労死」はありません(ストレスが無いからです)。
そして私が一番大切に思っているのは、仕事のやりがいと達成感です。

サラリーマンの仕事は、自分が頑張った結果であって、自分の評価につながる事であっても、それは、「その会社の社員としての評価」に過ぎません。

すなわち、その会社の看板を背負っているからこそ、その結果が出たのです。

ところが今の私が頑張った結果は、あくまでも「私自身に対する評価」です。 もっと分りやすく言うと、私の顧客は、ずっと私の顧客だと言う事です。
私の資産なのです。

会社のものではありません。

私の顧客が、保険料を支払い続ける限り、私には、ずっと手数料が入ってきます。まるで「権利収入」です。

(注:そのような手数料形態を選択した場合の話しです)

世間では、営業の仕事は辛くて嫌われる事が多いです。 でも、それは一般の営業の仕事が、常にゼロからのスタートだからです。 その月に、どれほど頑張って良い成績を上げたとしても、翌月はゼロからのスタートです。

毎日毎日、毎月毎月、数字に追われます。 強い精神力がなければ、とても継続して頑張る事は出来ないでしょう。

ところが、私の仕事は、極端な事を言うと、

権利収入の積み重ねです。

ですから、今月の収入は、来月も維持されますし、営業をすれば来月の収入は、いつも今月よりも高いのです。

だから、営業をやっていても、全然、むなしくならないのです。

ところで、このような事を書くと、あなたは私の事を、特別に営業センスのある優秀なセールスマンだと思うかもしれません。

特別な人だから成功出来たんじゃないか?

そう思うかもしれません。

とんでもありません。誤解です。

あまり自分の昔の、みっともない頃の話をするのは恥ずかしいのですが、あなたの誤解を解くために、少しだけお話しします。

私は以前、あるリゾート開発会社に勤務するサラリーマンでした。

一時期は、経営するゴルフ場の総支配人になり、年収は一流企業のサラリーマンと比べても、そこそこ良い方だったと思います。

東京(世田谷)の一戸建ての社宅に住んでいましたので、 住居費もかからず、そこそこ年収も高かったため、お金の心配というのは、した事がありませんでした。

ところが、その後、平和な我が家に、悲劇が訪れたのです。

バブルが崩壊して、勤務先の会社は倒産寸前まで業績が悪化しました。

勤務していた会社は、自分にとっては骨を埋める場所だと思っていたのに、 業績が悪化して、銀行管理になると、容赦ないリストラが始まりました。

もちろん私も例外ではありません。

少しばかりの退職金の上積みと引き換えに、16年間近く勤めた会社を辞める事になったのです。

リストラされた時には、私は既に40歳近かったので、ハッキリ言ってろくな再就職先は見つかりませんでした。

ようやく見つけた再就職先では、年収300万円の現実が待っていました。

(再就職先は、建設・不動産関係の営業の仕事でした)

歩合給のセールスマンになった私は、そこで試行錯誤します。

年収は半分以下になり、家族の生活と、家のローンと、小学生の2人の娘の学費と・・・

毎日、毎日、不安と戦い続ける生活でした。

預金はどんどん減っていきます。

少しばかり多めに貰った退職金だって、いつまでもつかも分りません。

家を売りたくても、バブルが崩壊した今となっては、住宅ローンの残額ですら、買い手は付きません。
(運悪く、私は退職の直前に新築一戸建てを購入していたのです・・・ 汗)

八方塞がりの状態でした。

人はよく、「自殺するほどの勇気があれば、どんな事だって出来るよ」なんて言います。
ですが、
それは追い詰められた事のない人が言う言葉だと断言できます。

自殺するのに、勇気なんていりません。

「死ねば楽になれる・・・」

そんな事を漠然と考えたのは、一度や二度ではありません。

でも、私が家に帰ると、愛犬が喜んで迎えてくれます。
娘達の笑顔があります。
妻の手料理が待っています。

私には、死を選ぶというような無責任な事は、とうてい出来ませんでした。

大丈夫なの?

さすがに家内も、心配なのか、控えめに私に尋ねてきました。

「何とかなるから大丈夫だよ」
何の根拠もないのに、私にはそう答える事しか出来ませんでした。

ついに私は苦渋の決断に迫られました。

ごめん、パートに出て欲しい・・・。

家内に頭を下げて頼みました。

結婚して20年近く、一度も働いた事のない家内です。
さぞかし不安だったろうと思います。
嫌な顔一つせずに、黙ってうなずいてくれた家内に対して、

「死ぬほど働いて、必ず成功してやる」

心の中で誓ったことを、今でも思い出します。
それから先、次々と大きな契約をモノにして、抜群の売上を上げ、一気に状況は逆転・・・
・・・となれば結構、カッコイイ話しなのですが、実際のところは、相変わらず成績は低迷しました(涙)

今までの仕事と勝手が違い、なかなか成果が出ません。
自分は営業の仕事は初めてだったので、とにかくガムシャラに頑張ったのですが、思ったような成果が出ず、結果として、その会社も去ることになりました。

その後に勤めた会社でも、うだつが上がらず、とにかく、ただただ、

「生きていくだけで精一杯」

そんな生活を続けていたのです。

そんな時、知り合いに誘われて転職した先が、生命保険会社でした。

生命保険のセールスと言うと、女性の生保レディを思い浮かべるのですが、そこの会社は全員が男性の営業社員で、私が今まで持っていた「保険の外交員」のイメージとは大きく異なりました。

その会社に入って、私はある事実を発見したのです。

「世の中には、割の良い仕事と、割の悪い仕事というのがある」

という事を。。。

無理に押し付けるような営業をしなくても、キチンと、お客さんの利益になるように、客観的な資料を揃え、論理的に説明すれば、お客さんは私の勧める保険商品に乗り換えてくれました。

もちろん、私も初めから順調だったわけではないのですが、それでも、この会社での営業では、今まで自分が経験したような「むなしさ」を感じることがありませんでした。

なぜなのか?

今ならそれを完全に説明できるのですが、当時の私は、

「これが天職と言うものなのかな?」

などと漠然と考えていたのです。

仕事自体は、大変でノルマも厳しく、辛い事もありました。
でも、それは、それまでの辛さとは違い、「前向き」なものでしたので、何とか乗り越えることが出来たのです。

そして、ある「コツ」を掴んでからは、この仕事の割のよさを実感出来るようになりました。

その後、私は退職して、代理店として独立して現在に至っています。

代理店として独立してからも、決して一本調子で順調だったわけではありませんが、それでも大した苦労もせずに、リストラに遭った会社のサラリーマン時代の年収を大きく上回る年収を稼げています。

私が掴んだ「コツ」というのは、一言では表現しづらいのですが、
あえて一言で言えば、
「売ろうとしないこと」です。

なんだぁ・・・「そんな事か」とガッカリしましたか?

でも実は、この「コツ」を、ほとんどの人は理解出来ていません。

私も始めのころは、家族の生活と家のローンも抱え、背水の陣で必死になって営業に回ったものです。
でも成績はパッとしない状態が続きました。

しかしある時、「売ろうとしても売れない」という事に気付きました。

どういう事か説明します。

保険というものは、「イザ」という時のために入るものですから、今現在、どうしても必要なものではありません。
つまり差し迫った必要性が無いのです。

また、自家用車や、洋服、趣味のグッズのように、「欲しい」という気持ちも普通はありません。

そこが保険の売りにくい原因です。

お客さんが保険に入るのは、「結婚して扶養家族が出来た」とか、「知人がガンで入院した」とか、「必要性」を感じる何らかの「キッカケ」があった時です。
その「キッカケ」があると、お客さんは簡単に保険に入ってくれます。

何のキッカケも無ければ、お客さんは動きません。
それなのに、多くの保険の外交員は、お客さんに何のキッカケも無いのに無理に売ろうとします。
何とか説得しようとします。
これはとても難しいです。

逆に、「キッカケ」さえあれば、説得なんて必要ありません。

もちろん、その「キッカケ」というのは、いつやって来るのかは神様でなければ分らないです。

そこで、私は営業手法を大きく変更する事にしました。

その「キッカケ」が来た時に、お客さんが私を思い出してくれるように、

「常に適度な距離を置いて、コンタクトをとり続ける」

という営業スタイルに変更したのです。

一切、こちらからは売り込みをしません。

私が売込みを決してして来ない事が分ると、お客さんは安心して心を開いてくれました。

私の営業というのは、つまり、コンタクトをとれる潜在顧客を増やすという事だけです。

営業スタイルを変更してからは、ジワジワと契約件数が上がっていきました。

紹介客も、徐々に増えていきました。
代理店を開業してからも、基本的に営業スタイルは変えていません。

この手法なら、あなたにも出来るはずです。

お話ししたように、無理に保険商品を売る必要は無いのです。

あなたがやる事は、自分が「生命保険の代理店を経営している」という事を出来るだけ多くの人に知ってもらうこと。
それから、その人達に、継続的にコンタクトをとり続けること。
それだけです。

私が教えたとおり実践して頂ければ、副業でも月に10万円〜30万円は稼げるようになります。

ほんの少し勇気を出して、チャレンジしてみませんか?

毎月30万円の副収入が入ってくる生活を想像してみて下さい。

しかもアフィリエイトのように、不安定な、いつゼロになるかわからないような収入ではありません。

継続・安定した収入です。

10万円〜30万円の継続した安定した収入があれば、会社を退職して起業するにしても、ほとんどリスクは無いはずです。
割増の退職金をもらったからといって、それで何年生活出来るのでしょう?

「楽して儲かる」という方法ではありません!

私の営業スタイルは、ジワジワと人脈を拡げていって、少しづつ紹介客を増やしていくものです。
ですから、翌月からすぐに生活出来るだけの収入が上がる事はありません。
そのため、私はいきなりの独立開業をお勧めしません。
まずは副業からスタートして、軌道に乗ってから独立する方が精神的にも負担が少ないと思います。
ただ誤解の無いよう、予めお話ししておきますが、保険代理店経営は副業の片手間で成功できるほど甘いものではありませんから、相当の覚悟が必要であることは当然の事です。

本気でご自分の人生を変えたいと思っている方は、ぜひ私を信じてついて来て下さい。

私は、あなたをお待ちしております。

最後に、このE-BOOK教材を作成するにあたり、以前の同僚であり、15年来の友人である、行政書士の林さんに大変、お世話になりました。

林さんのアドバイスや励ましの言葉がなければ、普段はぐうたらな私がここまで充実した教材を作成する事は出来なかったと思います。

林さんは、この教材の販売から、サイト作成等、面倒な業務を一手に引受けてくれました。

ここであらためて、お礼を言いたいと思います。

販売責任者ごあいさつ

はじめまして、販売責任者の林と申します。

私の本業は行政書士ですが、以前は建設・不動産関係のサラリーマンを やっていました。 津守さんは、その時の同僚で、付き合いも15年以上になります。

津守さんはいわゆる「トップセールスマン」といった雰囲気は全然無く、 要するに、「ただのオジサン」です(失礼) 保険会社でも、伝説になるような、ずば抜けた成績を残したという訳ではないので、 「名選手」ではない かもしれません。

津守さんのスゴイところは、自分の時間を大切にして、休みはキチンと取るし、 ダラダラと残業はしない、 それなのに、常に上位の成績を残して来たところです。 先ほどの津守さんの説明文では、ずいぶんと日本人らしく(笑) 控えめな事を書いてありましたが、 私と一緒に働いていた頃の津守さんの成績は、私から見ると羨ましいものでした。

その後に勤めた生命保険会社は、化け物のような営業力のある人ばかりが 集まっているという有名な会社だったので、その中では特別、目立たなかった というだけでしょう。

津守さんが「名選手」ではないとしても、 「名監督」である事は間違いありません。 なぜかというと、私自身が、津守さんに営業を教えてもらったからです。 上司と部下の関係ではなかったので、もちろん手取り足取り教えて貰った わけではありません。 ただ、当たり前の事を、キチンと、淡々と行うことにより、必ず結果に結びつくという事は 津守さんから学びました。

「考えるよりも、まず行動せよ」、そして、行動しながら考えよ。

行動した分だけ、結果が生まれる。行動なくして結果はない。

お客さんは、信頼出来る営業マンからしか高額な商品は買わない。

お客さんが「して欲しい」と思うことを、すべて、やるべきだ。

等々、言われてみれば当たり前の事ですが、このような事を、当時、津守さんから 教わった覚えがあります。

「津守さんは前職が歩合セールスではないのに、 どうしてこんな事を知っているのだろう?」と、 いつも不思議に思っていました。

今思えば、恥ずかしい限りです。 歩合セールスに限らず、一流のビジネスマンであれば、当然、 身に付けているはずの知識です。

お互い、勤めていた会社を辞めて、津守さんは別の会社へ、 私はそれまでの人脈を生かして建設・不動産関係専門のコンサルタントになり、 その後は行政書士へと進み、今に至っています。

私には津守さんから教わった営業ノウハウがありますので、 行政書士になっても、仕事に困ることはありませんでした。 3年は食えないと言われる行政書士で、私は開業後半年で月の売上が80万円を超え、 年収1,000万円近いペースにまでなりました。

ただ、1000万円分の仕事を取ってくる事はそれほど難しくはないのですが、 その仕事を実際にこなすのは、とても大変でした。 業務に慣れていないため、なおさらです。 正直言って、倒れそうでした。

行政書士業務はオーダーメードの仕事が多いので、拡大するのが難しい事が わかったので、 その後、私は早々に方向転換し、行政書士業務の範囲を絞り込み、 業務の多角化を目指すことになりました。

今回の津守さんの教材の販売もその業務の一つと言えます。

津守さんの営業力や指導力に関しましては、私は完全に信頼していますので、 この教材を自信を持ってお勧めする事が出来ます。

ただ、どんなに内容が素晴らしいと聞いても、中身を見ていなければ半信半疑でしょう。 書店で本を買う場合だって、立ち読みして、中身を確認してから買いますから。

そこで、中身をざっと、ご紹介致します。 全てはとても書ききれる量ではないので、抜粋になりますが・・・。

第1篇 業界と代理店の研究

・保険に関する前提知識

ここでは、生命保険の歴史など、前提知識などが書かれています。
お客さんに保険の説明をする際に、「日本の生命保険がどのように発展してきたのか」など、いわゆる雑学的な話しをする事があります。
お客さんは、そのような話しを聞く事によって、その担当者が、プロである事を確信するのです。
保険を売ろうとしているのに、保険の事を知らなければもちろん話になりません。
ですが、直接、売ろうとしている保険の内容を知っている事など、「当たり前」の事です。
営業には、いろいろな雑学も必要なのです。

・保険代理店になる目的は何か

ここでは、あなたが保険代理店を開業する目的によって、手法が変わるという事を説明しています。
本業として生活の糧を得るためであるのか、あるいは、定年後の余った時間を有効に活用したいのか、主婦のパート程度の収入があればいいのか、サラリーマンの副業として考えるのか、ケースによって、最適な手法を津守さんが丁寧に説明しています。

・今なぜ保険代理店なのか

ここでは、保険代理店の将来性について説明しています。
1社の商品だけでは、顧客の要望に対応できない時代に突入していること、長寿社会の到来や生活習慣病の増加で医療費負担への不安が潜在的に高まっている事、年金制度への不安、終身雇用は死語、国や企業に頼れないといった現実が書かれています。
ここで津守さんが書かれている「兼業ができるのが代理店の魅力」という部分ですが、ここを読めば、代理店に関するあなたの認識も変わるのではないかと思います。

・生命保険なんて売れるのか

ここでは、生命保険が売れる理由が非常に詳細に分りやすく解説されています。実際問題、保険加入率90%超えなのになぜ売れるのでしょう? この理由が分らないと、保険代理店が成功する秘訣が理解出来ません。

・保険業界の販売形式

ここでは、保険代理店の委託販売の他に、保険会社社員による販売や、保険会社が行う通信販売、銀行による委託販売などの内容が書かれています。敵を知るのが成功の秘訣です。

・自己診断テスト

ここでは、あなたが保険業界で生きていけるのかを自己診断出来るテストが記載されています。ただ、営業職はどれでも同じですが、実は向き不向きはあまり関係が無いのです。「対面恐怖症の方がトップセールスになった」というような話をあなたも聞いた事があると思います。人それぞれ、キャラクターを生かして、自分の持っている人間力でお客さんに説明すれば良いのです。

第2編 収入と支出

・手数料の仕組み

ここでは、代理店の手数料の仕組みが詳細に書かれています。また手数料の率が生保各社で大きく違う事が、ここを読めば分ります。

・開業資金はいくら必要か

保険代理店ほど少ない資本で開業できる商売はありません。このパートを読めば、それが実感出来るはずです。
開業する場所はどこにすれば良いのか? 登録にかかる費用はどれくらいか? 販売するための資料は有料なのか? など、開業するにあたり、不安なお金の問題が、こちらでは詳しく解説されています。

・経費の掛け方

ここでは経費倒れにならないように経費の掛け方を解説しています。お客さんのお宅に訪問する際、手土産は必要でしょうか? お客さんの誕生日には何をすれば良いのでしょうか? お酒の席では、どの程度の話しをすべきなのか? DMは効果があるのか? などなど、ここでも津守さんのノウハウが盛りだくさんです。読んでいて、面倒見の良い津守さんの人柄が表れています。

第3編 登録手続

・生命保険代理店になるには

登録の仕方、代理申請会社の決め方、乗り合い登録、などについて解説しています。 一般試験についても書かれていますが、試験の内容は難しくないので、あまり心配は必要無さそうです。 また、開業までのタイムスケジュールが乗っていますので、このスケジュールを参考にあなたの開業の予定を立ててみて下さい。

第4編 営業実務

・保険セールスの基本

ここからは、いよいよ営業の基本の解説です。ニードセールス(希望に合う保険を売る)に徹すること、既加入の保険診断が決め手になること、などなど、このあたりは既にそうとう保険の営業キャリアのある人でも勉強になるところでしょう。また競合するであろう一社専属営業との差別化の図り方、法人向商品販売のノウハウなどがちりばめられてます。

・スタートから1年で軌道に乗せる方法

ここからは更に具体的な営業手法の解説です。JALIC生保起業塾では、会社を退職して背水の陣で代理店開業に踏み切る人もいますので、その方は特にここを熟読して下さい。
きれいごとだけ言っていてもお金は入ってきません。取れる保険料の落とし所、一家で取るか一人を取るか、「紹介の連鎖で見込み客を絶やすな」等、津守さんの厳しい言葉もここでは登場します。

・目的別の展開手法の基本

ここでは、本業でやりたい方、副業の方、パート感覚でやりたい方、定年後のセカンドジョブでやりたい方など、それぞれの目的に応じて、展開する営業手法の基本が解説されています。

・新規顧客開拓

具体的な新規顧客開拓の手法の解説です。
「見込み客作りの基本と注意」というところでは、「趣味の会」に参加する場合や、「趣味の会を主宰」する場合、「異業種交流会」の利用方法、「ネットワークビジネス絡みの開拓」の注意点、友人知人身内からの紹介に関しての注意点、ライオンズクラブ、ロータリークラブに参加する場合の注意点、契約者からの紹介のもらい方など、いろいろな開拓手法が解説されています。

・初対面から契約までの基本的流れ

初対面のアプローチから、プレゼンテーションの仕方、クロージングまでの持って行き方、契約の段取りなどについて、詳細に解説しています。

・セールス段階での問題点への対応

いつも奥様と会うばかりで、肝心の夫と会えない、保険嫌い、関心がない、仕事が忙しい、体調不良が気になって加入を避けている、今の保険は親戚が販売員をしていて付き合いで加入しているので、今の保険をやめにくい、なかなか結論を出さない顧客、など、 さまざまな問題点に関して、具体的な対処法が解説されています。「最初の面談で決まった」場合に、「ラッキー」と考えてはいけないと津守さんは書いています。

・顧客タイプ別の営業の基本

主婦、夫、独身者、理科系職種、自営業者、飲食店経営者、従業員、ネットワーカー、 異性顧客、士業(弁護士、税理士、社労士、司法書士、行政書士など)、政治家、地元の世話役、などなど、さまざまな顧客タイプごとに、営業手法を解説しています。

・既存見込み客へのアプローチの仕方

保険販売を始める前から付き合っている知人、友人、親戚へのアプローチ方法、遠方の見込み客の対応方法などが解説されています。

・紹介セールスの極意

紹介のもらい方(キーマン、キーウーマンの作り方)、どんな人が紹介をくれるか、紹介してもらった際のお礼の仕方など、津守さんは「紹介セールスが生死を分ける」と考えているようです。

・保険会社との付き合い方

代理店とサポーターの関係(情報入手、商品研究)関係が良ければお互いにメリットです。サポーター(担当者)を上手に使って時間と経費を節約する事が大切だと津守さんは書いています。また保険会社主催の勉強会、セミナーの活用方法についても解説されています。

・保全は迅速に

保全を迅速にやる事で、信頼がアップすると津守さんは考えています。また保全は紹介、追加契約、見直しのチャンスでもあります。

・売れ筋商品の研究

第三分野(医療系保険)の商品、定期保険、終身保険、外貨建て保険、年金保険、引き受け緩和型保険(医療保険、終身保険)など、さまざまな商品が解説されています。 やはり売れ筋の商品を絞って、営業して行くのが効率的なようです。

・保険販売に必要な知識

ここでは、公的年金制度、介護保険制度、健康保険制度、相続税制、教育制度など、保険の営業を行うにあたり、覚えておかなければならない周辺知識が解説されています。 ここは少し難しい箇所なので、じっくり勉強して行きましょう。ここはむしろ、仕事をしながら、必要に応じて参照する必要がある箇所です。ファイナンシャルプランナーの知識は、保険販売には欠かせないのです。

第5編 これからの展開

・私が保険屋になった経緯

ここでは津守さんの今まで歩んできた道のりが書かれています。 三度目の転職で保険会社に拾われたこと、「入ってすぐ後悔した先輩の一言」とは? 気になります。 「5年後に代理店として独立してからの歩み」など、津守さんが代理店を開業してから今に至るまでの軌跡が書かれています。

・進化する代理店

代理店の最終形態とも言うべき、来店型代理店の可能性について書かれています。 津守さんは現在、この来店型代理店の経営にも携わっていますので、ご自身もとても有望だと考えているようです。

以上、抜粋してお知らせしましたが、これだけの内容が190ページにわたって書かれています。

どれも一般の書店で売られているような、当たり障りの無い内容のものではありません。

すべて、実際に代理店を経営して、そして成功してきた人でなければ書けないような 具体的な成功ノウハウがギッシリ詰まっているのです。

私は津守さんの人柄も、教材の内容も、全て分っていますので、私は自信を持ってこの教材をお勧め出来ます。

あなたも今すぐ、この教材を手に入れて、 成功に向けてはじめの一歩を踏み出される事を強くお勧めいたします。

行政書士 林 秀行

この教材を手にする上で、約束していただきたい事があります。
約束その1. この教材に書かれているノウハウを絶対に口外しない事

この教材には、一般では手に入らない、貴重な実践的なノウハウが満載されています。 そのため、あなたが使用する以外に絶対に、この教材を複製したり、公開したり、誰かに 漏洩したりしない事を誓って下さい。 また、教材を購入された方は基本的に我々の「塾生」となる事が出来ますが、我々が塾生さんに対して公開している「JALICパートナーシップシステム」は高度な企業秘密です。絶対に口外しないよう、お願いします。

これを約束出来ない場合には、この教材を購入しないで下さい。

約束その2. 安易な気持ちで起業を考えない事

最近、このような人が多いです。
インターネットビジネスの影響かもしれません。
安易な気持ちでスタートして、起業が成功するわけがありません。
世の中にうまい話など無いのです。
この教材を手にされて、起業される方は、真剣な気持ちで取組む事を約束して下さい。
私は一言も、「楽して儲かる」とは申し上げておりません。
強い精神力と、継続的な努力が必要なのは当たり前です。
絶対に勘違いなさらないで下さい。

約束その3. 行動し実戦する事

人それぞれ、予定があると思います。

ですから、今すぐに起業しない方もいらっしゃるでしょう。 それはもちろん、かまいません。 ですが、行動のない所に成功はありえません。

ですから、 行動する気も無く、評論ばかりの人には、正直、買って頂きたくありません。我々の仲間に入ってきてほしくありません。

この教材の値段

ここまで長い手紙を読んで下さって、本当にありがとうございました。

私は、これだけの内容の濃い教材を、いくらで販売したら良いのか、正直、悩みました。

行政書士の林さんに販売価格を相談した時に、アドバイスされたのは、

本気の人だけに売りたければ値段は高くすべきです!

確かにそうです。

価格を安くすると、「面白そうだから、とりあえず買っておこう」などと、真剣味の無い人までが購入してしまうでしょう。

確かに、価格を高くすれば、確かに本気の人でないと買わないでしょう。

ですから、実はこの手紙を書く、ちょっと前までは、本当に10万円以上にしようと思っていました。

ところが、今、少し心が揺れています。

私も元はしがないサラリーマンでした。

お金がなくて、ずいぶん窮屈な思いをした事もあります。

営業での移動中、駅のホームの自販機で缶コーヒーを買うのに、ためらってしまった事まで思い出してしまいました。

この手紙を読んで下さっているあなたは、もしかしたら、価格を高くすると泣く泣くあきらめざるを得なくなってしまうかもしれません。

本気の人にあきらめて貰うのは私の本意ではありません。

そのため本当は嫌だったのですが、結局のところ、ずいぶん安く価格を設定してしまいました。

価格を5万円以下にしました。

もうこれ以上は安くするつもりはありません。

ですから、もしこれでも買えない場合には、お互い、ご縁が無かったという事であきらめます。

それでは、この教材の値段を発表します!

「必勝!生保代理店・超起業マニュアル」の価格は49800円(税込)です。

⇒  限定300セット!特別価格『19,800円(税込)』です。 (冊子版は印刷・送料を加えた価格22,800円となります。)

※ 規定数量に達し次第、予告無く値上することがあります。予めご了承ください。

なぜ、こんな価格でお売りするのか?

林さんと2人で相談の上、300セットだけ、、、特別価格で販売する事にしました。

なぜか?

私たちには分っています。 本気でビジネスに取組む人は、それほど多くない事を・・・。

この教材を購入される方の中で、本気で実践して下さる方は、おそらく 1割くらいしかいないと見込んでいます。

300セットを販売すれば、本気で実践してくれる方が30人・・・。

「出来るだけ早く、本気の起業家仲間を30人集めよう」 そう考えました。

我々は、完全なサポート保証までは行うことが出来ません。

私は現役の保険代理店経営者です。

人にお金儲けの仕方を教えて生計を立てている、どこかのコンサルタントとは違います。

ですから、教材購入者の方に手取り足取り、指導する時間まではありません。

そうは言っても、メールでご質問を頂ければ、出来る限りお答えします。

ただ、「サポートの完全な保証までは出来ない」と言う意味です。

じつは私は以前、埼玉(川越)で来店型保険ショップを経営しており、その後東京目黒にショップを移して法人化し、現在では東急池上線の石川台にお店を構えております。

塾生さん(この教材を購入されて、希望されると塾生になることが出来ます)であれば、いつでも私の事務所にお越しいただいて、面談させて頂きます(あらかじめメールで予約が必要です)。

保険営業に関する悩みやご相談、あるいは代理店経営に関するご相談でも、保険に関連したご相談なら何でも結構です。

更に、本気の方で希望者には、これらの店舗で 実際の保険営業の研修 も考えています。

このページの最後の「追伸」にも書きましたが、私と林さんは、本気で保険代理店起業を考えている人達と、保険代理店のネットワーク作りをはじめています。

共同で売上を合計し、団結して保険会社に対する交渉力を強化します。

それによって、多くの保険会社と乗り合いしても、ノルマの心配をせずに済むわけです。

手数料率も高いランクを保てるのです。

そのために、本気の起業家仲間を最低30人は集めたい・・・。

そのために、この教材を300セットだけ、特別価格で売ることにしました。

とにかく儲けは考えずに、300セットだけ売ります。

「必勝!生保代理店超起業マニュアル」

「PDFダウンロード版」

A4:193ページ
PDFダウンロード版
決済後すぐにダウンロード可能です
下の申込ボタンを押して、「商品種別」の「ダウンロード販売」を選択して下さい。

定価:¥49,800特別価格:¥19,800.-

お申し込みはこちらから



クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。

「必勝!生保代理店超起業マニュアル」

「冊子版」もございます

A4:193ページ・オールカラー(簡易印刷)
ご入金確認後「ゆうパック」でお送りします。
お届け時間帯の指定は承っておりません。
「代引き注文」は承っておりません。
ダウンロード版に印刷・送料を加えた価格となります。

定価:¥52,800特別価格:¥22,800.-

お申し込みはこちらから



クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。



どうでしょう?決心はつきましたか?

もしあなたが、これで決心がつかなければ、ご無理なさらないで下さい。

この教材は、それなりに「本気」の方でないと「宝の持ち腐れ」になる可能性があります。

しかし、逆に言えば、「本気」で、ご自分の人生を変えようと思い、努力を惜しまない方でしたら、私たちは協力を惜しみません。

塾生になられた方は、一切の遠慮なく、私達にコンタクトをとって下さい。

ご感想をいただきました。

1ハンドルネーム ロビンソンさん(男性)

「起業・経営・営業」のマニュアルは、他のネットビジネスの教材に比べてイマイチ注目度が薄いようですね。

だけどこのマニュアルを読むと、

・これは知ろうとしない限り、一生入ってこない情報だ。

・読んで良かった。

と嬉しい感想を持つことになると思います。

ここで語られていることは、とても安易な気持ちでやるべきものではありません。というかできません。

終生かけて、全人格と全人生をかけて向かわないと、おそらく歯が立たない結果となってしまうでしょう。

継続的に、安定的な収入源を打ち立てるのに、「仕事ってそんな簡単なものではない。」と、普遍的な事実を目の当たりにします。

それゆえに、ここで書かれていることが体得できたときには、少々ネットでの収入が崩れたとしても、リアルな実社会で生き抜くための知恵袋を、自分の中に蓄えることができそうです。

マニュアルは、微に入り細に渡って生保業界の代理店として経営していく術が語られています。

もちろん、扱うテーマが「生命保険」なので、そのための背景や営業方法、気をつける点などが詳しく語られています。

現在、保険加入率が90%越えと言っても、医療不安や高齢化社会がますますクローズアップされる中、ニーズとウォンツをどう結びつけるのか?作者の津守さんの生の体験がそのまま凝縮されたノウハウが、惜しげもなく書かれています。

今後、次世代の多くは、ますます格差社会の負け組に振り分けられ、それゆえ年金制度も、国や地域の保障も老後のアテにならず、長くなる人生は、常に病気とお金についての心配から逃れられず・・。こんなことが誰の身にも現実化していくのに、でもとりあえずは、目の前の問題のやり繰りで精一杯。^^;多くの人が気づかない、或いは気づいてても目をつぶっている将来のリスクをどうやって気づかせてあげるのか、そして、どう解決してあげられるのか、「人助け」としての側面を考えると、「辛い仕事だ」として敬遠するよりも、「やりがい」のほうが大きくなっていく題材のように思います。

地域密着ということが基本的なスタンスであるし、また、●●●●しない営業スタイルということも、大切な要素になっています。従って、これを読む人は、自分の住まいの周辺で上記のポイントを意識しながら契約を取っていく、ということを津守さん、林さんのチームの後押しを受けながら実践していくことになります。

実際、ここで書かれている営業方法は、根底にあるものがしっかりしているので、生命保険だけに限らないと思います。営業マンで成績に悩みのある人にも、十分ノウハウとして自分のものとしていただける価値のあるものでしょう。(ホームページにある内容だけでも、十分なノウハウだと思われますが・・)規模が大きくなれば専業としてやってもいいし、そうでなくても副業から始めるのもヨシ。地域に貢献しながら収入源の一つとできるノウハウということで、覚悟のある人には、オススメしたい商材です。

豊かに年輪を重ねていく上で、これからの団塊の世代の方々にも、良いテーマとなるでしょう。

教材ご購入者の声

埼玉県 ハンドルネーム ロット猫さん(女性)

津守様

林様

こんにちは。はじめまして。

わたくし、○○○○と申します。

本日、本教材の「必勝! 生保代理店超起業マニュアル」を購入し、ざっとではありますが読ませていただきました。

大変失礼ですが、正直言って、ここまで(購入まで)の道のりに躊躇が無かったかといえばウソになります。

ネットの世界に明るくないわたくしにとって、騙されたらどうしようという不安は相当のものでした。

よくわからないだけに、フィッシング詐欺とか、購入したもののダウンロードできないとか、中身に全く意味が無いのではないかとか、いろいろなリスクが想像され、冷や冷やしておりました。

しかしながら、昨日の無料レポートのダウンロードによって、購入を決意することができました。

なぜかといえば、きちんとダウンロードでき、パソコンに支障は起きず(すみません。余りにも失礼なことを言って)、中身も「なるほど!」とうならされる内容だったからです。

内容に関しては、確かに保険業界のプロの方が書いたレポートだということは一目瞭然でした。

今にして思えば、購入ページが比較的おとなしい作りで、あおりの印象が無いところが良かったと思います。

そして、「必勝! 生保代理店超起業マニュアル」ですが、代理店起業のノウハウが初心者にも平易に理解できるすばらしい内容でした。

内容の具体的な感想については、もう少しきっちり読み込んでから改めてご報告させていただこうと思います。

今回のメールでは、逆にご迷惑かとも思うのですが、わたくしの簡単なプロフィールを述べさせていただきたいと思います。

なぜ、今回、教材の購入を決意したかという理由にもなっております。

わたくしは、昨年から今年にかけて、某来店型保険ショップの販売員として勤務しておりました。

以前(十数年前)に、生命保険会社の外務員としての経験があります(その経験による採用でした)。

「いまどきは、こんな新しい保険販売の方法があるのか」という動機からの応募でした。

津守さんのおっしゃるとおり、十数社の保険商品を取り揃える来店型ショップは押し売り営業とは程遠いところにあり、誠意を持ってお客様にプランニングすれば、面白いように契約が取れました。

これからの生保業界は、代理店の時代であり、それも乗り合いの時代だ、という津守さんの主張は誠に正しいと思います。

が、そんな面白い保険ショップですが、長く勤務しづらい側面がありました。

わたくしの勤務するショップはショッピングセンターに店舗を置くスタイルで、要するにスーパーの販売員と同じ体制で、時給制(時給は高いのですが)、シフトによる8:30〜9:30までの拘束、土日祝日夏季年末年始休暇無し(原則として連休を認めない)という過酷なものでした。

保険営業は比較的時間の自由が利く、という過去の体験記憶があるわたくしには、勤務体制がきつくてきつくて……。

仕事そのものの面白さとのギャップに悩みました。

結局、今現在は、某保険会社の外務員として働いています。

しかし、今度は保険ショップを体験したものとしてのギャップに悩んでおります。

専業で自社の商品をお客様にご案内し、ニーズとマッチしない場合、「ああ、○社の○○○だったらピッタリなのになぁ」と、心中で無いものねだりをしてしまいます。

つまり、漠然とながら、保険外務員(往訪型)でありながら複数商品を販売できるシステムはないものだろうか、と常々思っていたのです。

そこで、ネットで調べてみることにしました。

そして、津守さんの「必勝!生保代理店超起業マニュアル」を見つけたのです。

正に、わたくしが考えていながらも具体的な形として認識できない形態に対する解答があったのです。

わたくしの検索技術の未熟さを前提にしてのことですが、「必勝! 生保代理店超起業マニュアル」のような画期的なマニュアルは他に一つとして無いと思います。

このような教材、ネットワーク作りは、インターネットを利用しているところといい、本当に先進的ですばらしいと思います。

津守さん、林さんの先見性には感服します。

そして、決して大手資本ではなく、手作り風にネットワークを作っていこうとしていらっしゃるところに共感いたします。

ぜひわたくしも、これから塾生の末席に加えてください。

すぐにとはいかなくても、代理店起業を本気で考えていきたいと思っております。

ちょっと長くなりましたが、まずはご挨拶と御礼、簡単な自己(状況)紹介をさせていただきました。

教材の再読、起業への意思の確認(自分自身への)を続けていこうと思いますので、今後ともメール、フォーラムへの参加をお許しください。

それでは、津守さん、林さん、季節の変わり目となりました。

風邪などお召しにならないよう、ご自愛くださいませ。

ご質問にお答えします。

Q.

パソコンもインターネットも初心者なのですが、問題ありませんか?

A.

教材はPDFファイルでお送りします。

教材をご覧になるには、アクロバットリーダーが必要になります。

無料で配布されているソフトウェアであり、ごく一般的に使用されていますので、お困りになる事は少ないと思います。

でも、ご心配な方は、「冊子版」を注文される事をお勧めします。

音声ファイルのプレゼントもご用意してありますが、こちらはMP3ファイルで、メディアプレーヤーなどのソフトウェアが必要となります。

ですが、普通のパソコンなら標準でインストールされていますし、無料でダウンロード出来ますので、さほど困る事はないと思います。

いずれにしても、初心者でも問題ないとは思いますが、パソコン関係のサポートは、一切、行っておりません。その点は、あらかじめご承知置き下さい。

ところで、教材をご購入いただいて勉強される段階では、パソコンやインターネットの知識の必要性はあまり高くないのですが、今は保険の設計はパソコンで行います。保険営業を始めるにあたって、パソコンの基本操作は必須だと思って下さい。

Q.

私は人と接するのが苦手です。こんな私にも出来ますか?

A.

正直申し上げて、人と接する事が出来なければ保険は売れません。

ですが、「苦手」の程度にもよると思います。

私だって根っから社交的なわけではありません。

私は営業畑の人間ではありませんでしたので、実は、始めのうちは人と接するのが苦痛ですらありました。

でも、ビジネスだからと割り切って、人脈を作ってきました。

ところが、そのように行動していると、いつの間にか人と接するのが苦痛ではなくなるのです。

もちろん、あなたが「人と接するビジネスはやりたくない」というお気持ちなら、ご無理をなさらないで下さい。

Q.

私は定年退職後で、かなり高齢です。若い人のように、体力もありません。営業の経験もありません。ですが、このまま趣味や旅行だけの人生よりも、少しでも仕事をやりたいと思っています。年齢的なハンデはありますか??

A.

この仕事は、20代の若者よりも、むしろ年齢を重ねた方の方が向いていると思います。

お客様の人生の設計をお手伝いする仕事ですから、お客様の方にしても、あまりお若い方よりも、年配の方の方が安心出来るのです。

もっとも、20代の若者でも、もの凄く稼いでいる人も居ますので、一概には言えませんが・・・。

いずれにしても、年齢的なハンデは、あまり関係ないと思ってください。

ご本人の「人間力」の勝負です。

Q.

副業で、保険代理店を経営するという話しは、初めて聞きます。本当に、そんな事が出来るのですか?

A.

会社の就業規則などを心配されているのか?

あるいは、保険代理店は専業でなければダメだと思ってらっしゃるのか、その点が不明なので、両方にお答えします。

最近は不景気で、副業を認める会社が増えていると聞きます。

でもまだ、大半の会社は副業を就業規則で禁止しているのではないでしょうか。

まず、会社で副業を禁止しているなら、やめた方が良いかもしれません。実際は、住民税を「普通徴収」にしておけば、会社に副業がバレる心配はほとんど無いのですが、そのへんは、あくまでも自己責任でお願いします。

それから、保険代理店は専業である必要はありません。専業でも、副業でも、そのビジネスにかける時間の量が違うだけです。当たり前の事ですが、副業だから、気楽に、適当にやっても良いという事は、まったくありません。

ただし、一社専属の代理店になろうとすると、最近は保険会社の方も、副業の人は敬遠する傾向にあります。それはある意味、「当たり前」のことです。保険会社は専属募集人を採用すれば、それぞれ担当者をつけて、教育をして、保険設計ソフトを導入して、非常なコストがかかります。

ですから、当然、副業の人よりも専業の人を希望する訳です。

でも、要するに、保険会社からしてみれば、売れれば問題が無いのです。自社の保険商品を売ってくれる人であれば、専業だろうが副業だろうが関係ないはずです。

たまに相談をいただきますが、「副業でも受け入れてくれる保険会社を紹介してくれ」と言われても、当方では対応しかねますので、あらかじめご了承下さい(ただ、「この方なら」と思った塾生さんになじみの保険会社を紹介した事はあります。でもそれは人によりますので、期待しないで下さい)。

ちなみに我々が組織している「保険代理店の全国ネットワーク・JALIC」では、副業の方も受入れています。本気で代理店経営を考えている方で、副業で取組まざるを得ない方は、我々の塾生(教材を購入されると塾生への登録を申請できます)になっていただいて、JALICへの参加を検討して下さい。JALICへの参加は、このページの一番下の無料レポート申込フォームから無料レポートを請求されると、それに続くメールマガジンで、随時、ご案内しています。

ただし、何度も言いますが「サラリーマンが片手間で取組む」というのはお勧めしませんし、我々も歓迎出来ません。希望する塾生さんを全員受入れることもありませんので、ご注意下さい。

Q.

サポート体制は、どのようになっていますか?

A.

この教材では、サポートの保証までは行っておりません。ただし、出来る限りメールでのご質問にはお答え致しますので、遠慮なくコンタクトをとって下さい。(塾生さんには定期的に「塾生通信」というメールでサポートしております)

また、先ほどもご説明致しましたが、 塾生さんは私の来店型保険ショップで、随時、面談を行っております。事前にメールで予約して頂いて、是非、私に会いに来て下さい。

当塾はまだ始まったばかりなので、詳細は決定していませんが、いろいろと将来の事も考えていますので、ぜひご期待下さい。

限定300セットだけの特別価格です。
規定の数量に達した際には、一切の予告無く、 価格の変更、または販売中止となる事があります。
あらかじめご了承ください。

「必勝!生保代理店超起業マニュアル」

「PDFダウンロード版」

A4:193ページ
PDFダウンロード版
決済後すぐにダウンロード可能です
下の申込ボタンを押して、「商品種別」の「ダウンロード販売」を選択して下さい。

定価:¥49,800特別価格:¥19,800.-

お申し込みはこちらから



クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。

「必勝!生保代理店超起業マニュアル」

「冊子版」もございます

A4:193ページ・オールカラー(簡易印刷)
ご入金確認後「ゆうパック」でお送りします。
お届け時間帯の指定は承っておりません。
「代引き注文」は承っておりません。
ダウンロード版に印刷・送料を加えた価格となります。

定価:¥52,800特別価格:¥22,800.-

お申し込みはこちらから



クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。



さらに、、、この教材の購入者様には、以下、数々の特典をご用意してあります。

「JALIC生保起業塾」の塾生資格が取得出来ます(※簡単な審査あり)

今回、この教材をご購入いただき、塾生登録申請をして頂きますと、「JALIC生保起業塾」の塾生になれます。

塾生資格があれば、いつでも塾長面談や質問等が出来ますし、さらに、塾生さんだけの数々の特典をご利用になれます。 また後述します「JALICパートナー」にエントリーすることが出来るようになります。
JALIC生保起業塾の塾生とパートナーとは別ですのでお間違えのないようお願いします。

「JALIC生保起業塾」の塾生になるには、現在のところ、この教材を購入する以外に方法はございません。

まずはこの教材を購入されることを強くお勧めいたします。

塾生登録に関しまして、コミュニティーの質を維持する観点から、簡単な審査をさせていただきます。しかし「審査」と言っても、あきらかに偽名の登録であったり、あきらかにクレーム目的のような方でない限り問題なくご入会いただけます。
「塾生」になりますと「JALICパートナーシップシステム」に関する情報が入手できますが、これは我々の企業秘密なので、身元の分からない方へ企業秘密を公開するわけにはいきません。そのための「審査制」だとお考え下さい。

【塾生セミナー】へ御招待!(塾生登録された方に限ります)

塾生さんには、わずかな会場費負担で、塾生セミナーや個別ロールプレイ等の研修に参加していただく事が出来ます。

当塾はあくまでも、実践的な、「稼げる」ようになるための塾です。

そのために必要な技術や、マインド、方法論等は、業界でも最高レベルのものを提供しているという自信があります。当塾はまだ、出来たばかりですから、まだまだ全国規模でセミナーを開催するほどの規模になっていません。

そのため、セミナーは東京と大阪でしか開催した事がありませんが、今後はどんどん、全国で開催して行けるように、頑張っています。

また、遠方にお住まいの方で、セミナーに参加出来ない方もいらっしゃると思いますので、過去のセミナーでの「塾長講義」の音声とスクリプトを安価で販売させて頂いております。

塾生セミナーは、受身の受講だけでなく、「個別ロールプレイ」等、積極的に皆さんに参加していただくスタイルです。
塾生さんは、これらのセミナー&研修会に、会場費だけでご参加いただけます。(懇親会等は別途費用が必要です)
セミナー参加者の声

津守塾長

林様

こんばんは。

先日の研修会、色々と参考になりました。

ありがとうございました。

連休明けから溜まった仕事に追われ、メールが遅くなり申し訳ありません。

また、津守塾長には販売員資格の移管の質問についてご丁寧にお答えをいただき、誠にありがとうございます。こちらの件の御礼も遅くなりまして、重ねてお詫び申し上げます。

さて、セミナーの感想ですが、素朴な会場であったことやこじんまりとした雰囲気だったことが大変良かったと思いました。配布資料や講義内容も、手作り感があって派手な印象ではないところが良かったです。

保険会社の研修というと、やたら派手な(色刷りの)資料を使ったり、こけおどし的な印象の(あおっているというか)ものが多いのですが、誠実さを感じられる内容だったため落ち着いて受講することができました。

何といっても一番大きな収穫は、生保起業塾の方やパートナーの方と実際にお会いできたことです。

JALICはネットの中の世界なので、どうしても現実感に疎い印象があるのですが、あのようにお会いすることで親近感を抱くことができました。

HPやメールだけではない、研修会という機会を作っていただきまして、本当にありがとうございます。

パートナーの方々は、これから新しい仕事に邁進されることと思います。

今後のご発展をお祈り申しております。わたくしも塾生としてお世話になっていきます。

代理店起業は現職の都合上まだまだ数ヶ月先のことになりますが、少しづつ準備を進めていきたいと思っています。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

from:Iさん


津守さん、林さん、先日は研修会ありがとうございました。

簡単に感想を述べさせて頂きます。

まず、佐藤社長については、とにかく型破りで、見た目どおりのすごい方でした。あの後に保全というのがすべてを物語っています。講師としてのインパクトは最大でした。とても尊敬しています。

津守さんについては、とても和みます。ほっとします。またお会いしたくなります。そういう人柄に魅かれて林さんも佐藤社長も津守さんのところへ引き寄せられていると申しましょうか、ひとつのベクトルになっておられるのでしょう。

尊敬いたします。 静かな語り口でも内容が面白いという講演はとても良かったです。すごいと思います。

林さんの進行はとてもスピーディーでもたつき感が一切無く、とても気持ちが良く時間が過ぎていきました。お話も早口ですが、とても上手で、見た目はクールそうですが、意外と熱い人だと思いました。

今は第一印象のクールな男ではなく、ホットな男だと思っています。

JALICシステムの話はとてもわかりやすく、よかったです。

本部が儲けようとしていないところがわかったのですが、それでビジネスとしてやっていけるのか不安になるほど魅力的な本部だと思いました。

実力のある人が会社を辞めてこっちへ来たくなるシステムだと思いました。完成度は高いと思います。

しかし、本部としてはまったく儲からないというのもわかってしまいました。それでいいのでしょうか。

逆に、ビジネスとしてやっていけなくならないでほしいです。

それでは、今後ともよろしくお願い致します。

from:Tさん

【個別塾長無料面談】を受けられます(塾生登録された方に限ります)

塾生の方は、いつでも随時、面談にお越しいただく事が出来ます。(事前の予約が必要です)

ご予約の上、私が経営する「来店型保険ショップ」(都立大学駅前店)へお越し下さい。

→現在は「東急池上線の石川台」へ移転しております。ご注意下さい。

来店型保険ショップ「保険サプリ」はこんなところです。
都立大駅から徒歩30秒のところに、「保険サプリ」はあります。
この看板が目印です。
いつも真面目に仕事をしてます(笑)
美人の塾生さんが面談に来ると、アドバイスにも気合が入ります!
この日は、合計で6名の方が来てくれました。新潟から来て下さった方、関西方面から来て下さった方もいます。
現在、都立大学駅前店は東急池上線の石川台へ移転しております。ご注意下さい。

【塾生通信】でのフォロー(塾生登録された方に限ります)

塾生さんには定期的に「塾生通信」(メール)をお送りして、皆さんの営業活動をフォローしています。

通常のメルマガの他に、「塾生通信」という塾生さんだけのメルマガをお送りします。
ただ、塾生になられた方も、出来れば通常のメルマガの購読を継続して下さい。
通常のメルマガでしか告知しないイベント等もありますので、なるべくメルマガの購読を解除しないよう、お願いします(通常のメルマガは当塾の「無料レポート」をダウンロードした方へお送りします。無料レポートのダウンロードは、このページの一番下にございます)。

各種セミナーや、塾生さんだけが参加出来るイベント等も企画しておりますので、ぜひ、当塾からのメールを見逃さないようにお願いします。

【JALICパートナーへのエントリー】(現在募集は一時停止しています)

パートナーシップ参加者の選考に、塾生さんはエントリー出来ます。

代理店として起業するにも2つのタイプがあります。

1.一匹狼として、誰とも組まずに単独で代理店活動を行うタイプ

2.各々経営者としての独立性は保ちながら、保険販売の成績のみを合算して、より高い報酬と、安定性を追及するタイプ

代理店というのは、複数の保険会社の中の複数の保険商品の中からお客様に合った保険を選び、お勧め出来るのが最大のメリットです。(一社専属の代理店を除く)

これは、保険を扱っている人であれば、誰でも分っている事ですが、実際問題として、「維持基準」「手数料ランク」を無視して、代理店経営は不可能です。

そこで私は、「JALIC パートナーシップ・システム」という、保険代理店の組織化を進めてまいりました。

この組織に参加する事により、各加盟代理店は、維持基準におびえる事もなく、ノルマに追われる事もなく、10社以上の保険会社の商品を、高い手数料ランクで扱う事が出来るのです。

このシステムは塾生さんの支援システムですから、塾生さん以外は一切参加する事は出来ません。

現在募集を一時中止しております。ご注意下さい。

我々が一番重要視しているのは、「コンプライアンス」の問題です。
一人のパートナー代理店が法令違反をしますと、他のパートナー代理店全員に迷惑がかかります。たとえ保険営業経験が豊富で華やかな実績がある方でも、「法令違反」(特に保険業法違反)をする可能性のある危険な方には、参加をご遠慮願っています。

また背負っているモノが重過ぎるのに、 保険代理店専業で、「背水の陣」で戦おうとしているような場合にも、再考を促す事があります。

保険代理店は、開業すれば、翌月から生活出来るだけの収入が簡単に見込めるような、 そんな甘い仕事ではありません。

近頃の起業ブームに惑わされて、あまりにも冒険をし過ぎるのは危険です。

独立開業するには、それなりの周到な準備が必要なのは言うまでもありません。

面談させて頂いて、私が「難しい」と判断した場合には、参加をお断りするケースもあります。

いずれにしても、JALICパートナーになるためだけに教材を購入されるのはお勧め出来ません。希望者全員をパートナーとして受入れる訳ではありませんので。

ただ、塾生さんであれば、基本的には、仲間になって頂きたいと考えております。

【スタートガイドU】音声ファイル(塾生登録された方に限ります)

教材を購入した後、実際に、どこの保険会社に登録すれば良いのか、営業活動は、どのように進めれば良いのか、何から始めれば良いのか、

塾生の皆さんが迷う事がないように、「スタートガイド」を作成致しました。

津守と林の対談形式で、40分×2本 = 80分の音声ファイルとなります。

【スタートガイドT】は無料レポートと一緒に無料でお送りします。

塾生年会費(21,600円)が、今だけ、1年間無料!

今回、この教材をご購入いただきますと塾生資格を取得できます(審査あり)。

教材ご購入から1年間は、塾生年会費(21,600円)を無料とさせていただきます。

ご購入から1年を過ぎて、なお塾生登録の継続を希望される場合には、延長の手続をする事が出来ますが、それは希望される場合だけです。
自動的に年会費が徴収されるような事はありませんので、ご安心下さい。

「JALIC生保起業塾」の塾生になるには、現在のところ、この教材を購入する以外に方法はございません。

是非、この機会に入塾をご検討下さい。

JALICパートナー・インタビュー動画をプレゼント(塾生登録された方に限ります)

現在、JALICパートナーとして活躍されている方のインタビュー動画をプレゼント致します。

JALIC生保起業塾の塾生さんからJALICパートナーへ参加して下さった方で、JALICの良いところも悪いところも、すべて正直にお話して下さっています。

「JALIC生保起業塾」の塾生になりますと「JALICパートナー」へのエントリーが出来ますが、この動画を観てから、参加を希望されるかどうか検討して下さい。

JALICの内側をすべて話してくれています。内部の方の「本音」を聞くことで、貴方の疑問もすべて解決するでしょう。

いかがですか?
今ならこれだけの特典がついて、この価格でご購入になれます。

「必勝!生保代理店超起業マニュアル」

「PDFダウンロード版」

A4:193ページ
PDFダウンロード版
決済後すぐにダウンロード可能です
下の申込ボタンを押して、「商品種別」の「ダウンロード販売」を選択して下さい。

定価:¥49,800特別価格:¥19,800.-

お申し込みはこちらから



クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。

「必勝!生保代理店超起業マニュアル」

「冊子版」もございます

A4:193ページ・オールカラー(簡易印刷)
ご入金確認後「ゆうパック」でお送りします。
お届け時間帯の指定は承っておりません。
「代引き注文」は承っておりません。
ダウンロード版に印刷・送料を加えた価格となります。

定価:¥52,800特別価格:¥22,800.-

お申し込みはこちらから



クレジットカードと銀行振込でお支払いいただけます。



追伸

私からの長い手紙を読んで下さって、本当にありがとうございました。

心よりお礼申し上げます。

ここまでお読みになって、あなたは少し不思議な気持ちになっているかもしれませんね。

つまり、「津守という人物は、何故ここまでして自分の教材を販売したいのか」ということです。

「何故、今まで自分が苦労して身に付けた代理店経営ノウハウを、こんな安価で売ろうとするのか。」「わざわざ他人に貴重なノウハウを教えなくても、自分だけで稼いでいれば、良いんじゃないか?」

半信半疑になられるあなたの気持ちは良く分ります。

私が何ヶ月もかけて精魂こめて作成した教材は、どれほど少なく見積もっても、10万円以上の価値があると 正直思っています。確かに、これは私の自画自賛かもしれません。ですが、行政書士の林さんに初めて見せたときに、林さんも「スゴイ」と言ってくれました。

だからこそ、林さんは販売の担当を引受けてくれたのです。

林さんは国家資格者ですし、しかも法律の専門家です。もし、仮に変な教材の販売をしていたら、世間の信用はガタ落ちになります。正に、行政書士としての生命すら危うくなってしまうのです。

もちろん、私は林さんの信頼を裏切る事はありませんし、内容的には絶対の自信があります。

しかし、やはり、これほどの貴重なノウハウを、これほど安い価格で販売する本当の理由を、お話ししておくべきだと考えました。

実は私は、1つの戦略を考えているのです。

概略は「スペシャル特典5」パートナーシップに参加というところをご覧になれば、お分かりになると思います。

教材の中にも書いてあるのですが、保険代理店の手数料というのは、いくつかのランクに分かれています。売上が多い代理店には高い利率の手数料が入る仕組みになっているのです。

例えば、最低ランク30%〜最高ランク50%といった具合に、売上により、かなりの差があります。最高ランクの代理店でいるためには、かなり多くの売上を上げる必要があり、それはなかなか困難です。個人レベルの代理店で、最高ランクでいるためには、1つの保険会社の商品に絞って、その会社の看板商品を徹底的に販売するしかありません。しかし、それをやると、他の保険会社の商品を扱う事が出来なくなり、お客様のためになりません。

代理店というのは、各保険会社の中から、優れた商品を選んで、お客様に販売出来るところが最高のメリットなのですから。

そこで、いま代理店は、大型化が進んでいるのです。来店型の代理店が典型例です。このような代理店は、各保険会社すべてで最高ランクを獲得しているため、その大型代理店に参加すれば、最高ランクの手数料が手に入るのです。

しかし、この代理店の大型化にも問題があります。

組織の人間関係などが嫌で、一匹狼の代理店経営者を選んだ人達ですから、非常にまとまるのが難しいのです。組織の中で仕事をする事を選ぶ人なら、サラリーマンを続けているはずです。せっかく独立したのに、大型代理店に入るというのは、またサラリーマンに戻るようなものです。この辺がとても難しいところです。だから、有望にもかかわらず、この代理店の大型化は、実はあまりうまく行っていないケースが多いのです。

そこで、私は考えました。「もっとゆるい組織を、気の合った仲間だけで作れないか?」つまり保険代理店の協同組合のような組織を構築出来ればと考えたのです。

私は、自分が保険代理店経営での成功ノウハウを持っているので、これを独立起業を目指している人達に教えて、その人たちを、とにかく稼げるようにして、その中から気の合った仲間を集め、組織化したら良いのでは?と考えたのです。

だから、「小規模な寺子屋のような塾」を開いて、そこで少数の人に代理店経営ノウハウを教えて行こうと思っていたのです。

「久し振りに飲みませんか?」

林さんから携帯にメールが来たのは、そんな事を漠然と考えていた時のことでした。飲んだ席で、ざっくばらんに林さんにその話しをすると、興味を示してくれました。

そして全面的に協力してくれる事になったのです。それがこの教材を作成する事になったいきさつです。

せっかくやるなら、最高の教材を作り上げて、全国に広めて、全国レベルで仲間を集めましょう!ということになりました。

それがやっと、形になってきました。

JALICパートナーシップシステムが稼働をはじめ、全国に仲間が増えてきました。
「第1期パートナー」の皆さんとの契約式
次に仲間になって下さるのは、あなたかもしれません。

私も林さんも、特にお金に困っているわけではありません。
ですから、この教材を売って儲けようとはあまり考えていないのです。
あなたを充分に稼げる代理店に育て上げる事によって、そして、あなたが「参加したい」と思うような組織を全国的に作ることによって、私たちの目的が達成出来るのです。

最後に私からあなたへお伝えしたい事は一つだけです。

とにかくヤル気があるなら私を信じてついて来て欲しい

あなたをお待ちしています!

津守良彦


300セットだけの特別価格です。見逃さないようにして下さい。

特別販売価格:19,800円(税込)

お申し込みはこちらから


クレジットカードと銀行振込で、お支払いいただけます。


「興味はあるけど」「もう少し内容を知りたい」
そんなあなたに・・・
無料レポート、音声ファイルと、
メールセミナーをお届けします。

保険代理店経営ノウハウが満載の無料レポートと
音声ファイル(スタートガイドT)を配布しております。




50ページ書き下ろし無料レポート&音声ファイル

お送りする、無料レポートの内容は以下の通りです。
第1章 これ からは代理店の時代
 1. 1社の商品だけでは、顧客の要望に対応できない
 2. 長寿社会の到来や生活習慣病の増加で医療費負担への不安
 3. 年金制度への不安、終身雇用はもはや死語、国や企業にも頼れない
 4. 兼業ができるのが代理店の魅力
 5. 時間、組織奴隷からの解放

第2章 登録手続
 1. 生命保険販売には登録が必要
 2. 代理申請会社を決めよう
 3. 何社の商品を扱うか

第3章 開業しよう
 1. 保険代理店ほど少ない資本で開業できる商売はない
 2. 場所はどこで開業すればいいのか
 3. 代理店登録にかかる費用
 4. 什器備品
 5. 販売資料は有料か
 6. 開業までのタイムスケジュール

第4章 生保代理店経営の基本
 1. スタートから1年で軌道に乗せるために
 2. 保険会社をうまく使おう


↓今すぐこちらから無料レポートを請求して下さい↓

※ メールアドレスが正しく記入されていれば、10分以内に無料レポートが届きます。
※ ただし「Yahoo!メール」「hotmail」等のフリーメールには届かないことが多いです。
氏名 (必須)   名
メールアドレス


無料レポートをご請求いただくと、その後メールマガジンが届きます。
もしご不要でしたら、すぐに購読解除出来ますので、ご安心下さい。